一生住むならやっぱり自分だけの家がいい!注文住宅のオリジナル性。

住みたい家を設計する所から始められる

賃貸住宅に住んでいると、何度か転居を繰り返すうちに理想の家の形を思い浮かべられるようになるでしょう。建売住宅では設計が既に決められてしまっているので、注文住宅の自由度を求めることは出来ません。土地による建築制限事項はあるものの、範囲内であれば自由に設計した建物を建築出来るので、希望の家わ手に入れやすくなります。
設計自体を独立した一級建築士に依頼することも可能です。出来上がった設計図を基にして、注文住宅を建築出来る工務店を探すことも出来ます。注文住宅メーカーに設計を依頼することも出来ますが、一級建築士に直接設計を依頼することで、夢のマイホームだからこそ完全オリジナルを目指すことも可能です。予算の許す限り設計から始めることで、注文住宅の自由度を生かせます。

工法を選ぶ楽しさがあります

在来工法ならば、大工へ直接依頼することも出来ますが、現代では建築工法は多様化しています。3階建てを建設する場合など、鉄骨造りが一般的ですが、中には1階部分のみコンクリート造りとして、2階と3階部分は木造建築とするハイブリッド工法も注目されています。注文住宅だからこそ出来ることもあるのです。
省エネや太陽光パネル設置など、注文住宅ならば建物の工法と合わせて、省エネ住宅も目指せます。先進のテクノロジーを取り入れることで、毎月の光熱費を削減する効果を持たせた住宅を建築することも可能です。建売住宅では実現出来ないことも、自由設計の注文住宅ならば思い描いた理想の家が現実に手に入れられて希望が叶います。マイホーム建築には注文住宅を選ぶと夢に近づけます。

新築一戸建てを購入することで、子育てや介護などのイベントに対応しやすくなるため、生活の質を高めるうえで役立ちます。